韓国で世界最大の児童ポルノ運営者がわずか1年半で出所、アメリカへの引き渡しを求める署名始まる

 ダークウェブにおける世界最大級の児童ポルノサイト「Welcome to Video」が国際的に摘発され、それを運営していた20代前半の韓国人ソン・ジョンウが逮捕されました。このサイトは32ヵ国、128万人ものユーザーを続きを読む “韓国で世界最大の児童ポルノ運営者がわずか1年半で出所、アメリカへの引き渡しを求める署名始まる”

奴隷商人の銅像は引き倒されたのに、ポルノハブと MindGeek はなぜ無傷なのか?

 2020年6月7日、イギリスのブリストルにおいて、人種差別に反対する大規模な抗議行動の中、一部のデモ参加者によって、市の中心部にある奴隷商人であった元国会議員のエドワード・コルストンの銅像は引き倒され、海に投げ込まれま続きを読む “奴隷商人の銅像は引き倒されたのに、ポルノハブと MindGeek はなぜ無傷なのか?”

ポルノハブの閉鎖を求める国際署名がついに100万人を突破!

 これまで、この国際署名については本サイトで繰り返し紹介してきましたが、ついに署名者が100万人を突破しました! 撮影強要、レイプ動画、人身売買、人種差別ポルノ、児童ポルノ、拷問ポルノといったあらゆる性犯罪・性暴力・差別続きを読む “ポルノハブの閉鎖を求める国際署名がついに100万人を突破!”

ポルノハブが人種差別ポルノで儲けながら、人種差別抗議運動への「連帯」を表明するという厚顔無恥

 ポルノハブの閉鎖とその経営者たちの責任を問う国際署名はすでに98万をこえて、100万に迫りつつありますが、こうした事態に危機感を持ったのか、ポルノハブは5月31日に、米国全土で広がっている人種差別反対の抗議行動への「連続きを読む “ポルノハブが人種差別ポルノで儲けながら、人種差別抗議運動への「連帯」を表明するという厚顔無恥”

韓国でポルノ被害に関する画期的な法改正が実現

 韓国社会を震撼させた「n番部屋事件」を受けて、韓国で、性犯罪とポルノ被害に関わる画期的な法改正が実現することになりました。  「ハフポスト日本版」の最新記事によりますと、まず性交同意年齢が、日本と同じだった13歳以上か続きを読む “韓国でポルノ被害に関する画期的な法改正が実現”

ポルノハブでのクレジット決済の停止をクレジット会社に求める国際署名が始まる

 ポルノハブの閉鎖とその経営者の責任追及を求める国際署名運動については、たびたびこのサイトでお知らせしてきましたが(ちなみに現時点で87万人以上の署名になっています)、ポルノハブをいっそう追い詰めるために、新たに、ポルノ続きを読む “ポルノハブでのクレジット決済の停止をクレジット会社に求める国際署名が始まる”

ポルノハブ閉鎖を求める国際署名がついに70万人を突破!

 多くのレイプ動画や子供に対する性虐待動画、ポルノ強要動画などが多数アップロードされている世界最大のポルノ動画サイトであるポルノハブの閉鎖を求める国際署名(日本語版)はついに4月5日の時点で70万人を突破しました。この国続きを読む “ポルノハブ閉鎖を求める国際署名がついに70万人を突破!”

ポルノハブがマスク5万枚を買い占めた上で、自社のPR用に利用

 多くのレイプ画像・強要撮影画像と未成年者のポルノ映像を大量にアップする場(プラットフォーム)となって国際的な閉鎖要求署名がすでに56万人も集まっているポルノハブが3月24日、なんと、このコロナ危機に便乗して、自社のイメ続きを読む “ポルノハブがマスク5万枚を買い占めた上で、自社のPR用に利用”

韓国で、性虐待ポルノサイト運営の容疑者の身元公開を求める請願署名に200万人が署名

 韓国では周知のようにポルノの制作・頒布は違法ですが、その韓国で、未成年者16名を含む多くの女性をだまして裸の写真を送らせ、今度はそれをネタに脅してより露骨なポルノ写真やポルノ動画や残虐映像を撮影し、それをオンラインサイ続きを読む “韓国で、性虐待ポルノサイト運営の容疑者の身元公開を求める請願署名に200万人が署名”

米国版『プレイボーイ』の紙媒体が終了

 今月の18日、コロナ騒動の余波で、アメリカの『プレイボーイ』の紙媒体の発行が2020年春号で終了することになったと発表されました。すでに、オンラインポルノの爆発的拡大の影響で、紙媒体のポルノは、DVDポルノと同じく衰退続きを読む “米国版『プレイボーイ』の紙媒体が終了”