アムネスティによるノルウェー調査の欺瞞

【解題】以下の論考は、私たちがいつも参考にしているイギリスのアボリショニスト団体 Nordic Model Now! に掲載された論文の全訳です。表題は、日本の読者にわかりやすいように少し改めています。日本でも国外でも、続きを読む “アムネスティによるノルウェー調査の欺瞞”

カット・バニャード「誰がアムネスティの方針作成を助けたのか?」

【解題】日本共産党のある地方議員(中野区選出)が、売買春の問題に関して、同党の公式の立場に反して、アムネスティ・インターナショナルの方針(売買春そのものをセックスワークとして肯定したうえで、その中での強制的なものだけを取続きを読む “カット・バニャード「誰がアムネスティの方針作成を助けたのか?」”

キャロライン・ノーマ「男の「買春権」を擁護するアムネスティ・インターナショナル」

キャロライン・ノーマ 【解説】以下の論文は、2015年に出版された Freedom Fallacy: The Limits of Liberal Feminism (Miranda Kiraly and Meagan T続きを読む “キャロライン・ノーマ「男の「買春権」を擁護するアムネスティ・インターナショナル」”

ジュリー・ビンデル「ピンプと買春者の組合」

ジュリー・ビンデル 『truth dig』2017年5月19日 【解説】以下は、2017年にイギリスのラディカル・フェミニストのジュリー・ビンデルさんが、「セックスワーカーの組合」なるものの実態について、世界各地を取材し続きを読む “ジュリー・ビンデル「ピンプと買春者の組合」”