オーストラリアからの訴え――「売買春に囚われている女性たちを支援する請願に署名を」

【解説】以下は、オーストラリアのフェミニスト団体「ウイメンズ・フォーラム・オーストラリア(Women’s Forum Australia)」から、オーストラリアの連邦政府の現司法長官であるミケイリア・キャッシュ上院議員に続きを読む “オーストラリアからの訴え――「売買春に囚われている女性たちを支援する請願に署名を」”

テイナ・ビエン・アイメ「平等に向けた歴史的一歩――スペイン首相、売買春の廃絶を約束」

【解説】すでに、このサイトで2回にわたって紹介しましたが(10月18日、10月21日)、今年10月におけるスペイン社会労働党(PSOE)のサンチェス首相は同党の党大会で売買春の廃絶を約束しました。今日紹介するのは、このこ続きを読む “テイナ・ビエン・アイメ「平等に向けた歴史的一歩――スペイン首相、売買春の廃絶を約束」”

アイルブ・コネリー「売買春は当事者から『すべてを奪う』」

【解説】以下の記事は、北欧モデル国の一つであるアイルランドにおける売買春の実態を調査したアイルランド国立大学ダブリン校(UCD)(3万人以上の学生を擁するアイルランド最大の大学)の報告書を報道した最近の記事です。北欧モデ続きを読む “アイルブ・コネリー「売買春は当事者から『すべてを奪う』」”

メリッサ・ファーリー「つながりを理解する――資源採掘、売買春、貧困、気候変動、そして人権」

【解説】以下の論文は、売買春の問題に長年取り組んできたアメリカのアボリショニスト・フェミニスト理論家、メリッサー・ファーリーさんの最新論文です。表題の通り、資源採掘、売買春、貧困、気候変動、人権という現代の最も重大な諸現続きを読む “メリッサ・ファーリー「つながりを理解する――資源採掘、売買春、貧困、気候変動、そして人権」”

アメリア・ティガナス「売春店という強制収容所を逃れて」

【解説】以下の記事は、冒頭のジュリー・ビンデルさんの「まえがき」にあるように、ルーマニア出身で、売買春が合法であるスペインで5年間にわたって売買春に従事させられた性売買サバイバー、アメリア・ティガナスさんの証言です。原題続きを読む “アメリア・ティガナス「売春店という強制収容所を逃れて」”

ジュリー・ビンデル「売買春のない世界を想像しよう」

【解説】以下は、数日前にスペイン社会労働党の党首でスペイン首相のペドロ・サンチェスが売買春の廃絶を党大会で訴えたことに関するジュリー・ビンデルさんの最新記事です。 ジュリー・ビンデル 『クリティック』2021年10月20続きを読む “ジュリー・ビンデル「売買春のない世界を想像しよう」”

スペインのサンチェス首相、売買春の「廃絶」を党大会で約束

 ABCの最新の記事や『ワシントン・ポスト』の10月18日の記事よると、スペインの首相でスペイン社会労働党の党首であるペドロ・サンチェスが、ヴァレンシアで3日間にわたって開催されたスペイン社会労働党の大会最終日において、続きを読む “スペインのサンチェス首相、売買春の「廃絶」を党大会で約束”

オーストラリア・ビクトリア州政府による完全非犯罪化方針に抗議する国際書簡

【解説】すでに8月14日にこのサイトでお知らせしたように、オーストラリアのビクトリア州政府(アンドリュース労働党政権)は、性産業出身の議員を責任者にした委員会での検討を経て、同州が長年来とってきた性産業の合法規制政策(売続きを読む “オーストラリア・ビクトリア州政府による完全非犯罪化方針に抗議する国際書簡”

ローレン・ハーシュ「ニューヨーク市を性的人身売買の拠点にするのか?」

【解説】以下に紹介するのは、World Without Exploitation というアメリカ拠点の国際アボリショニスト団体の全国理事であるローレン・ハーシュさんの最近の記事です。アメリカでは民主党を中心に、売買春の非続きを読む “ローレン・ハーシュ「ニューヨーク市を性的人身売買の拠点にするのか?」”

ティガン・ラーリン「売買春の非犯罪化政策は失敗した――別のアプローチをとるべき時だ」

【解説】以下に翻訳するのは、オーストラリアの代表的なアボリショニスト団体「オーストラリア女性人身売買反対連合(CATWA)」の代表を務めるティガン・ラーリンさんの記事です。オーストラリアは連邦制を取っているので、売買春に続きを読む “ティガン・ラーリン「売買春の非犯罪化政策は失敗した――別のアプローチをとるべき時だ」”