フランス北欧モデル法に関する「世界の医療団」調査報告書への批判

【解説】2016年にフランスで北欧モデル型立法が成立しましたが、それに対して世界中のセックスワーク派が執拗な批判と攻撃を加えています。彼らの言い分は常に同じでワンパターンですが、フランスに即した議論はこのサイトでは行なっ続きを読む “フランス北欧モデル法に関する「世界の医療団」調査報告書への批判”

2020年のアクセスランキング

 読者のみなさん、新年あけましておめでとうございます。去年の3月から試験的に開始し、4月から正式に開始されたポルノ・買春問題研究会(APP研)の国際情報サイトは何とか新しい年を迎えることができました。今年も、世界における続きを読む “2020年のアクセスランキング”

ジュリー・ビンデル「合法化された売買春はいかにスイスを性的人身売買の拠点に変えたか」

ジュリー・ビンデル 『テレグラフ』2018年11月12日号 【解説】スイスは永世中立国で多くの国連機関の本部が置かれている国として、非常に進歩的で先進的なイメージで語られることが多いですが、実際には1971年まで女性には続きを読む “ジュリー・ビンデル「合法化された売買春はいかにスイスを性的人身売買の拠点に変えたか」”

警察がスウェーデンで被買春女性によるアパートのシェアを取り締まっているという神話

【解説】以下の論考は、Nordic Model Now! に掲載された「神話」批判のシリーズの一つです。北欧モデルの発祥の地であるスウェーデンに対しては、セックスワーク派は多くのデマを流していますが、スウェーデンの警察が続きを読む “警察がスウェーデンで被買春女性によるアパートのシェアを取り締まっているという神話”

スポレンダ&シモン・ヘッグストレーム「スウェーデンのセックス購入禁止法がもたらした大きな変化」

【解説】以下のインタビューは、2018年7月に行なわれたもので、フランスのアボリショニストであるフランシーヌ・スポレンダさんがスウェーデンの買春禁止法の法執行責任者であるシモン・ヘッグストレーム警部に、同法導入後のスウェ続きを読む “スポレンダ&シモン・ヘッグストレーム「スウェーデンのセックス購入禁止法がもたらした大きな変化」”

アムネスティによるノルウェー調査の欺瞞

【解題】以下の論考は、私たちがいつも参考にしているイギリスのアボリショニスト団体 Nordic Model Now! に掲載された論文の全訳です。表題は、日本の読者にわかりやすいように少し改めています。日本でも国外でも、続きを読む “アムネスティによるノルウェー調査の欺瞞”

売買春の合法化はマルタにとって災厄となるだろう――2人のサバイバーが語る売買春の真実

【解説】地中海に浮かぶ美しい島マルタでは現在、売買春に関する法律をめぐって、北欧モデル型立法(売買春を女性に対する暴力・性的搾取の一形態とみなし、業者と買春者を処罰し、被買春女性に支援を与える法)をめざすグループと、売買続きを読む “売買春の合法化はマルタにとって災厄となるだろう――2人のサバイバーが語る売買春の真実”

サバイバーズ・アジェンダへの公開書簡と署名の訴え

【解説】アメリカでMeToo運動の中心を担った諸団体を含む連合組織サバイバーズ・アジェンダが先月末、売買春の完全非犯罪化(買春もピンプも売春店経営も非犯罪化)を求める政策を発表しました。多くのサバイバーたちが説得を試みま続きを読む “サバイバーズ・アジェンダへの公開書簡と署名の訴え”

MeToo団体が買春とピンプ行為の合法化を支持する報告書を発表

【解題】以下の記事は2020年10月8日付『ニューヨーク・ポスト』に掲載されたもので、サバイバーズ・アジェンダというMeTooやTime’s Upのような著名なMeToo団体を含む連合組織が、9月末に、性暴力続きを読む “MeToo団体が買春とピンプ行為の合法化を支持する報告書を発表”

なぜ買春者を処罰するべきなのか?――アイルランドでの経験から

【解題】すでに9月11日にこのサイトで、スコットランドにおいて、与党であるスコットランド国民党から北欧モデル型立法案の制定に向けてコンサルテーション(立法化に向けての意見公募)が開始されたことを報告しましたが、この動きを続きを読む “なぜ買春者を処罰するべきなのか?――アイルランドでの経験から”