カナダでの銃による大量殺人事件におけるミソジニー

 コロナパンデミックの真っただ中の4月18日と19日に、カナダ東部のノヴァスコシア州で1人の男、ガブリエル・ワートマンが、合計で22人もの男女を銃で殺害するという恐るべき事件が起こりました。日本ではあまり報道されおらず、記事検索したところでは、5日前の記事しか見つかりませんでしたが(たとえば「少なくとも18人殺害」というBBCの記事)、英語の最新の記事では合計22人の殺害となっています。これはカナダ史上最悪の大量殺人事件です。すでにこの事件のことは Wikipedia にもあがっており、事件のある程度の全体像が明らかになっています。

 この事件の発端はドメスティック・バイオレンスでした。仲間とのパーティの席上で、犯人の男がガールフレンドをののしりはじめ、さらにワートマンの自宅に戻ってからその暴力はエスカレートし、彼女は命からがら森の中に逃げました。 男はその後、パーティの場に戻って、そこにいた友人や知り合いらを銃で次々と撃って7人を殺害。その後、車に乗って、放火と殺害を繰り返します。

 翌日さらに、犯人の男は警官の格好をして、パトカーに偽装した車に乗って、ランダムに殺害を繰り返していきます。最終的に警官によって撃ち殺されるまで、合計で22人が殺害されました。その中には、彼を止めようとした若い女性巡査をはじめ13人の女性が含まれています。

 ノヴァスコシア州のフェミニストたちは、4月24日に緊急プレスリリースを発表し、この事件をミソジニーにもとづくフェミサイドであると糾弾しています。「この大量殺害事件の犠牲者の全員が女性であったわけではないが、全員がミソジニーの被害者である」。実際、事件の発端は女性のパートナーに対するむごいドメスティック・バイオレンスであり、最初の、そして主たる暴力の対象であった女性に逃げられた腹いせに、この男は大量殺人を開始したのです。

 カナダの銃規制はアメリカよりもはるかに厳格ですが、それでもこのような事件が起きています。さらなる銃規制はもちろん必要ですが、カナダのフェミニストは、カナダを含むこの社会に蔓延しているミソジニーと「女性に対する暴力」を終わらせないかぎり、このような事件は繰り返し起こると警告しています。

 実際、カナダでは過去にも明確にミソジニーにもとづく銃による大量殺人事件が起こっています。1989年のモントリオール理工科大学事件がそれです。この事件では、犯人の男は銃で武装して同大学の教室に入り、男子学生を教室から追い出した後、女性学生だけを次々と銃撃し、その後も、教室やカフェテリアを歩きながら、女性ばかりを銃撃しつづけ、合計で28人の女性を銃撃し、14人を殺害、14人に重傷を負わせた後に、自殺しています。死後に発見された彼のノートにはフェミニズムと女性に対する憎悪が書き綴られ、殺したいフェミニストの名前が大量にリストアップされていました。

 以下が、4月24日に発表された、ノヴァスコシア州のフェミニストによる緊急プレスリリースです。

FOR IMMEDIATE RELEASE
Nova Scotian Feminists Fighting Femicide Statement on the Mass Shooting
We demand an end to male violence against women and girls!

Nova Scotia, April 24th 2020 – Our hearts are heavy as we face the loss of 22 innocent people in the worst mass shooting in our country’s history. We are outraged that women and girls in this province continue to suffer such extreme violence at the hands of those closest to them in the one place where they should feel the most safety – in their own communities.

 As feminists, advocates, and experts in the field of male violence against women and girls we know most mass murders begin with violence in the home. It is often wives, partners, and children of men who kill who are their first victims. The sustained abuse and assaults they face are often the most obvious signs of the murderer’s future mass violence. These patterns of abuse and assaults begin days, months, and even years before the killings.

 It is now becoming clear that the mass shooting of Saturday April 18th and Sunday April 19th began with acts of torture and violence towards the murderer’s female partner. There are reports in the media that the murderer allegedly got into a fight with his partner at a party. Going home with her his violence escalated. He tied her up and inflicted “a significant assault” according to the RCMP. She managed to escape and hide in the woods. He then went on to kill 22 innocent people -12 women and one female youth. This information is important. It tells us that hatred for women fueled this act of mass murder, much appeared pre-planned.

 While not all of the victims in this mass shooting were women, all of the victims were victims of misogynist violence. We want to make it clear that misogyny – the hatred of women – affects all of us. This mass shooting, and many mass killings witnessed throughout Canada’s history are connected to white men’s privilege, showing us that this hatred brings severe harm to many. This hatred of women is ravaging our communities, our families, and our bodies. We want it to end. The first and most important step to fighting back against this hatred is to recognize it as femicide. To always speak out against femicide wherever it lurks in our society, in all our rural and larger communities. We must further recognize that femicide disproportionately impacts Indigenous and Black women, and other marginalized and vulnerable groups. We must have the courage to name misogyny and femicide and speak out against it.

 Holding all victims of misogynistic violence in our hearts, we demand clarity from the RCMP as to the femicide elements of this crime. We demand an inquiry with a feminist analysis of the violence. We demand an end to male violence against women and girls.

 Signed: Pam Rubin; Lucille Harper; Tara Reddick; Linda MacDonald; Jeanne Sarson; Bernadette MacDonald; and Johannah May Black

投稿者: appjp

ポルノ・買春問題研究会(APP研)の国際情報サイトの作成と更新を担当しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。