米国版『プレイボーイ』の紙媒体が終了

 今月の18日、コロナ騒動の余波で、アメリカの『プレイボーイ』の紙媒体の発行が2020年春号で終了することになったと発表されました。すでに、オンラインポルノの爆発的拡大の影響で、紙媒体のポルノは、DVDポルノと同じく衰退しつつありましたが、『プレイボーイ』も同じで、1970年代のピーク時には500万部を超える発行を誇っていましたが、今では数十万部に下落していたとのことです(それでも十分に多いですが)。そして、今回のコロナ騒動による市場の急激な収縮と輸送網の混乱が最後の「1本の藁」になり、66年の歴史に終止符を打つことにしたとのことです。

 ただし、オンライン版と各国版(日本版を含む)はこれまで通り続くそうです。日本版も早急に終刊にしてもらいたいものです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00000099-kyodonews-cul

https://www.theage.com.au/business/companies/playboy-scraps-its-magazine-amid-coronavirus-pandemic-20200320-p54c3m.html

投稿者: appjp

ポルノ・買春問題研究会(APP研)の国際情報サイトの作成と更新を担当しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。