サバイバーズ・アジェンダへの公開書簡と署名の訴え

【解説】アメリカでMeToo運動の中心を担った諸団体を含む連合組織サバイバーズ・アジェンダが先月末、売買春の完全非犯罪化(買春もピンプも売春店経営も非犯罪化)を求める政策を発表しました。多くのサバイバーたちが説得を試みましたが、それらをすべて退けて、サバイバーズ・アジェンダは、グローバル性産業が一致して求める完全非犯罪化政策を求めるに至ったのです。以下は、これに抗議する国際書簡と署名です。末尾にあるURLをクリックすれば、署名ページに飛びますので、名前と所属団体名を入れてください。締め切りは10月13日です。期間が非常に短いので、お気をつけください。

 あなた方は、アメリカの社会正義をリードする有色人種の女性活動家であり、性暴力・セクシャルハラスメント・親密なパートナーからの虐待・差別の被害者とサバイバー、家内労働者、農場労働者、不法滞在者の権利を守るために活動しています。

 2020年9月、あなた方はサバイバーズ・アジェンダのプラットフォームを立ち上げました。あなた方はそれを「私たち全員にふさわしいサバイバーの正義に向けたコミュニティ主導のガイド」としており、「性虐待やその他の形態の性的暴力をくぐり抜けてきた人々への愛を提供する」と説明しています。

 だからこそ、サバイバーズ・アジェンダが、買春行為、ピンプ行為、売春店、違法マッサージ店、「買春ツアー」代理店、その他無数の性風俗店の所有と経営を含む、すべての性売買を非犯罪化する法律を要求していることは、理解できません。そのことによって、あなた方は、一握り人たちの途方もない利益のために無数の人々の生活を破壊する搾取と抑圧のシステムを――終わらせるのではなく――永続させ、拡大させることを求めているのです。

 以下に署名した私たちは、フェミニストであり、社会正義と人権の活動家であり、女性や少女、移民、LGBTQ+の人々の平等と権利のために闘う最前線のサービス提供者です。署名者の多くは、性暴力や売買春やポルノを含む性売買のサバイバーでもあります。

 サバイバーズ・アジェンダは米国を拠点としていますが、以下の署名者には、アメリカ人だけでなく、国家によって承認された抑圧と家父長制、新植民地主義、性別とジェンダーにもとづく系統的な差別のシステムに反対している世界中の仲間たちが合流しています。私たちはみな、性行為のために人間を売買するシステムが存在するかぎり、正義も平等も、人権も平和も、世界のどこにも実現できないことを理解しています。

 性売買は人種差別と植民地主義の歴史と構造に深く染みついており、1619年にアメリカの地に根づいた奴隷制度の痕跡をとどめていることをサバイバーズ・アジェンダが認識していないのは不可解です。サバイバーズ・アジェンダは、性産業と(ほとんどが白人の)男性が自己の利益と快楽のために、とくに黒人、先住民、その他の有色人種の身体を利用することを呼びかけることで、この恥ずべき遺産を支持しているのです。

 世界的に明白な証拠があるにもかかわらず、あなた方は、性産業が数十億ドル規模のグローバルな現象であり、その基盤が搾取と性暴力にあることを認めていません。あなた方は、性産業が生み出すすべての金銭が、米国をはじめ世界中で最も権利を奪われた人々、つまり圧倒的に女性、子供、トランスジェンダーや性別不適合の有色人種の若者たちへの性的アクセスを、買春者が買うことによってもたらされていることを理解していません。

 アメリカの性売買サバイバーは誠意を持ってあなた方に連絡を取り、筆舌に尽くしがたい被害の生きた経験を語りました。その中には、買春者や搾取者によってなされた拷問の経験も含まれます。しかし、あなた方はそれをあっさりと退けました。あなた方はまた、200人以上のサバイバー・リーダーたちが署名した書簡も無視しました。この書簡はあなた方に、売買春は不可避で避けられないという思い込みを捨てて、売買春において売買された人々のみを非犯罪化することを支持するよう訴えました。あなた方はまたしても無関心に背を向け、代わりに性産業と手を組み、今後何世代にもわたって売買春のあらゆる側面を合法化するよう政府に呼びかけているのです。

 私たちは、それぞれの国で最も疎外された何百万人もの人々に対する金銭づくの性暴力と性的搾取を合法化しようとするあなた方の、たっぷりと資金提供を受けた努力に対して、世界的な草の根のレジスタンスを起こします。私たちはあなた方に、商業的性産業全体を非犯罪化することによって性売買を正常化しようとする試みを再考するよう強く求めます。この誤った立場を放棄しないならば、サバイバーのための正義の実現に向けたあなた方の努力はすべて無駄になるでしょう。

 私たちはまた、「平等モデル」として知られる法的枠組み、すなわち、売買春において売買されている人々のみを非犯罪化し、これらの人々に必要なサービスを十分に提供し、買春者と搾取者に対してはその責任をとらせるような法律の制定を求めています。この取り組みにぜひ参加していただきたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしております。

https://docs.google.com/forms/d/16-PD4IzFoH3gfcRkzJF39hChladAQkmSR2LfO19hihw/viewform?edit_requested=true

投稿者: appjp

ポルノ・買春問題研究会(APP研)の国際情報サイトの作成と更新を担当しています。

サバイバーズ・アジェンダへの公開書簡と署名の訴え」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。