オーストラリアからの訴え――「売買春に囚われている女性たちを支援する請願に署名を」

【解説】以下は、オーストラリアのフェミニスト団体「ウイメンズ・フォーラム・オーストラリア(Women’s Forum Australia)」から、オーストラリアの連邦政府の現司法長官であるミケイリア・キャッシュ上院議員に宛てた請願署名の全訳です。オーストラリアではほとんどの州で売買春の非犯罪化、合法化を認める法律が施行されていますが、この請願は、スウェーデン、ノルウェー、アイスランド、アイルランド、フランス、カナダなどで制定・施行されている「北欧モデル」型の新法を制定することに指導力を発揮するよう司法長官に訴えています。

 オーストラリアにおいてあまりにも多くの女性と少女たちが、人生を破壊する売買春の罠に囚われています。彼女たちは、暴力や強要に直面しているにもかかわらず、虐待を報告したり、業界から抜け出すための支援を求めるために名乗り出ることを恐れています。

 性産業の擁護者たちは、売買春に関する規制を撤廃することで、売春が「他の仕事と同じように」扱われるようになり、「健康」と「安全」が促進されると主張しています。しかし、売買春産業で横行している暴行、レイプ、人身売買、PTSD、ホームレス、薬物やアルコールの濫用は、「健康」とも「安全」ともあいいれません。

 売春は「仕事」ではありませんし、けっして「他のどの仕事とも同じ」ではありません。それは「エンパワーさせる」ものではありません。そしてたいていの場合、「自由な選択」でもありません。それは、女性(ほとんどの場合)の身体を暴力的に商品化することであり、その本質からしてけっして「安全」にはなりえないのです。

 いくつかの州では、売買春に巻き込まれた女性たち――たいてい、脆弱な背景を持っており、幼少期の虐待や貧困、グルーミング、強要などの結果として売買春に入っている女性たち――が、保護ではなく、刑務所でもって脅かすような州法の犠牲になっています。

 別の州では、売買春を規制する法律も、この業界で横行している麻薬や組織犯罪を抑止する法律もほとんどありません。その一方で、女性を搾取する者たちは、法執行機関の注意を引くことはまずないのです。

 このように、オーストラリアは国の端から端まで、でたらめな状況にあるのです。今こそ、国の最高法執行機関である連邦、州、準州の司法長官が、女性と少女を守るための統一した法律を制定するよう努力すべき時です。

 一個の統一した法律が国の隅から隅まで適用されるなら、オーストラリアのすべての町や都市に住む女性たちは、自分たちが保護され、売買春から脱け出すことが可能であることを知ることができます。

 そのためには、より多くの人々が、女性や少女の性的対象化、搾取、商品化は正常でも容認できるものではないと声を上げる必要があります。

 女性と少女が売春の危険と暴力から逃れるために、非常に効果的な「北欧モデル」に基づいた新しい全国的な法律を導入するよう、ミケイリア・キャッシュ連邦司法長官に宛てたこの公開書簡に署名してください。

 私たちは共に、売買春による女性の性的搾取に終止符を打ち、政治家にもっと良い方法があることを伝えることができます。

レイチェル・ワン(Rachael Wong)

CEO | Women’s Forum Australia

ミケイリア・キャッシュ上院議員(連邦司法長官)へ

 オーストラリアには、売買春の罠にはまった女性や少女を保護するために、これまで成果を上げてきた「北欧モデル」に基づく新しい全国規模の立法が必要です。

 売春は「仕事」ではありません。それは「エンパワーさせる」ものでもありません。そしてたいていの場合、それは「自由な選択」でもありません。

 売買春は、女性の身体を暴力的に商品化するものであり、その性質上、けっして「安全」にすることはできません。

 売買春と人身売買は切っても切れない関係にあり、女性の平等と、女性と少女が社会の中で暴力を受けずに生活する権利を脅かす深刻な問題なのです。

 スウェーデン、カナダ、フランスなどの国々は、「北欧モデル」に基づいた、女性中心の先進的アプローチを何年も続けています。

 オーストラリアは、あなたが連邦司法長官として指導力を発揮することで、これらの国に追いつく必要があります。

 オーストラリアの現行法では、この危険な業界に巻き込まれた女性たちが、虐待や搾取を受けています。彼女たちを確実に保護する法律が必要です。

 この業界に対する規制を撤廃することは解決策にはなりません。規制撤廃は常に需要の増加を招き、人身売買を助長します。

 20年以上前にスウェーデンが「北欧モデル」を導入して以来、路上売春と人身売買は劇的に減少しました。「北欧モデル」は、購入者や女性を搾取することで利益を得ている人々を犯罪化し、その身体を売られている女性たちを非犯罪化することで、需要に対処しています。このモデルはさらに、売春をやめたい女性を支援するサービスを提供することで、売買春から抜け出す道を女性たちに提供しています。

 弱い立場にある女性や少女を守ることは、多くの人々が関心を寄せるべき選挙上の争点でもあるはずです。次の選挙が近づくにつれ、連邦政府の指導者たちも関心を示していく必要があります。

 「北欧モデル」を採用することで、売春に囚われた女性たちを助けるための、女性中心のより良い解決策を提供することができます。

・売春が本質的に搾取的で暴力的なものであることを認識すること。

・買春者やピンプを犯罪化することで需要に対処しつつ、人生を破壊するこの産業に囚われている女性たちを非犯罪化すること。

・麻薬、組織犯罪、搾取という負のスパイラルから抜け出そうとする女性たちを支援すること。

・女性や少女の性的客体化や商品化を、正常なもの、あるいは容認できるものとして支持するのを拒否すること。

 オーストラリアには全国規模の法律が必要です。そうすることで、すべての町や都市で危険にさらされている女性たちは、自分たちが保護され、売買春から脱け出すことが可能であることを知ることができます。

署名は以下から→https://www.womensforumaustralia.org/petition_2109_prostitution

投稿者: appjp

ポルノ・買春問題研究会(APP研)の国際情報サイトの作成と更新を担当しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。