コロナ危機のアメリカで、家賃の代わりに性行為を要求する家主が増大

 「9ニュース」の記事によると、ハワイ州の政府当局は、家主が家賃の代わりに性行為を要求してきたと通報する女性の数が増大していると発表しました。ハワイ州の「女性の地位向上委員会」は、コロナ危機のせいで経済的苦境に陥っている借主の弱みに「つけこんでいる」ケースが増えていると指摘しています。

 この間のコロナ危機による解雇や自宅待機のせいで、4月1日に家賃をちゃんと払うことのでいきた借主はアメリカ全体でわずか69%にとどまっています。そうした中で、家主の中には、女性の借主に対して「性的な写真」を送るよう求めてきた場合もあるとのことです。

投稿者: appjp

ポルノ・買春問題研究会(APP研)の国際情報サイトの作成と更新を担当しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。