「女性人身売買反対連合(CATW)」がアトランタの銃撃事件について声明を発表

【解説】2021年3月16日(現地時間)にジョージア州アトランタで起きた銃撃事件に関して、「女性人身売買反対連合(CATW)」が18日、声明を出し、その中でこの事件と性的人身売買との関連を調査するようアトランタ当局に強く求めています。

 この事件では、21歳の白人男性が逮捕・拘束されており、3つのマッサージパーラー店にいた8人が銃で殺され、そのうちの7人が女性で、6人がアジア人女性でした。これは、主として被買春女性とスタッフの女性を狙ったフェミサイドであるとともに、アジア人を狙った人種的ヘイトクライムでもあります。犯人の男性は、「自分はセックス依存症だ」と言っているとのことで、銃撃したマッサージパーラーの常連客でもあったと報道されています。したがってこれは、買春者が引き起こしたフェミサイドでもあるというのは明らかです。多くのデータが示しているように、買春者は買春行為を通じてストレスを解消しているというよりも、女性に対する性暴力の実地訓練を受けているのであり、買春者による多くの暴力事件、とりわけ立場の弱いアジア人女性や先住民女性への暴力・殺人が頻繁に起きています。今回の事件は、売買春というシステムそのものの性暴力性を改めて示したと言えます。

アトランタ市は最近の銃撃事件と性的人身売買との関連の可能性を調査せよ

2021年3月18日、ジョージア州アトランタ

「女性人身売買反対連合(Coalition Against Trafficking in Women、以下CATW)」は、アトランタで起きた事件で、犯人が1人の男性と7人の女性の命を奪ったことに深い悲しみを覚える。そのうち6人はアジア人で、人種や女性であることを理由に標的にされたと思われる。同団体は、アトランタ市に対し、この事件を女性に対するヘイトクライムとして調査すること、また、性的人身売買との関連性を調査することを求めている。 

 この事件の捜査は現在進行中であり、殺傷事件に至った経緯の詳細はほとんどわかっていないが、事前に提示された事実関係はよく知られている。  

 違法「マッサージパーラー」店は、人身売買のリスクが最も高い場所の一つであり、韓国や中国などの非正規滞在の移民女性が、しばしば奴隷的拘束による借金の返済をさせられている。これらの店が繁盛するのは、性行為を平気で購入する男たちがいるからだ。今回の銃撃事件で逮捕された男は、ジョージア州内に何百とある「マッサージパーラー」店のうち3軒の店のアジア系女性をターゲットにした。彼は、売春を常習的に利用していたことを認め、自身を「セックス依存症」と呼んでいると報じられている。セックスを買うという買春行為は、一般的には「セックス依存症」ではなく、権力の乱用やジェンダーに基づく暴力・差別の表現であると考えられている。 

 CATWは、今回の悲劇を孤立した攻撃と考えることはできない。その背景には、システム化された人種差別やミソジニー(女性蔑視)に依拠し、買春者によって推進されているグローバルな性売買との関連性があると見ている。

 CATWの理事であり、シャーリー・フランクリン前市長の政策顧問でもあるステファニー・デイヴィスは次のように述べている。「ジョージア州は、悲劇的なことに、本来違法な『マッサージパーラー』店を法的規制の枠組みの中に入れているが〔つまり日本のソープランドのような扱い〕、もしわれわれが商業的な性的搾取に対処したいのなら、そして、このような暴虐を私たちの足元で二度と起こさないようにしたいのなら、このようなこと〔売買春の事実上の法的容認〕をやめなければなりません。アトランタにおける人身売買に長年反対してきた私は、男性の買春需要を含め、この事件を深く分析することを当局に求めます」。 

 この事件は、全米で起きている多くの事件と同様、買春者が、性売買の中にいる女性とトランス女性、主として有色人種の女性たちに対する暴力や、時には殺人の主な原因となっていることを示すものとなっている。 米国連邦政府の人身売買の定義では、被害者に「金銭を与える」ことが人身売買の中心的な要素であることが明確になっている。性売買が拡大し、弱い立場の女性がさらに被害を受けるのを防ぐために、国がとるべき最も効果的な方法は、買春者に責任を負わせ、被害者に必要なサービスを提供することだ。

 「報道によると、犯人は、自分が買春の常習者で、ポルノ中毒で、女性を憎悪していると告白しています」と、CATWの事務局長であるタイナ・ビエン・アイメは言う。「この事件には、ミソジニー、人種的なフェティッシュ化やステレオタイプが影響している可能性が高いことを理解しなければなりません。アトランタ市は、この事件を女性に対するヘイトクライムとして調査し、人身売買の要素があるかどうかを調べ、『マッサージパーラー」で生き残った女性たちにサービスを提供し、そこで亡くなった女性たちに正義を貫かなければなりません」と述べている。

出典:https://catwinternational.org/press/atlanta-investigate-shootings-potential-sex-trafficking-connections/

投稿者: appjp

ポルノ・買春問題研究会(APP研)の国際情報サイトの作成と更新を担当しています。

「女性人身売買反対連合(CATW)」がアトランタの銃撃事件について声明を発表」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。